効率的に筋力UPするには

HMBサプリは、トレーニング系サプリメントです。
トレーニングをはじめようとしている方、トレーニングを行っている方におすすめのサプリメントです。
このサプリメントがトレーニングにどのような効果をもたらしてくれるのか、というと、筋トレの初心者の場合はHMBは筋力と筋肉の増大にとてもよい影響がある、と研究ではいわれています。

 

筋トレと合わせてHMBを摂取した場合、その後4週間にわたり上体の筋力と、筋肉の損傷の減少という巣晴らしい効果を確認することができたといわれています。
HMBを摂取した人の筋肉量が平均1.3キロ増加したり、体脂肪率が1.1パーセント減少したということもあります。このように、HMBサプリを積極的に採ることで、トレーニングにとてもよい効果を期待することができるといえるということです。

 

ですが、これは初心者やまだ経験が浅いトレーニングをしている人の場合で、すでに1、2年はトレーニングを行っている人の場合、なかなか効果をすぐに実感することが難しいという人もいます。このようになかなかサプリの効果を実感できないという人にはサプリメントを合わせて服用するという方法もあります。
HMBサプリだけでも効果があるともいわれていますが、他のサプリメントときちんと考えて組み合わせることでさらなる効果を期待することができるといわれています。

 

 

たとえば、HMBとクレアチンを一緒に摂るというものです。
成分としてはクレアチンもHMBもそれぞれで筋肉増強のために行うウェイトトレーニングに効果を実感することができるといわれているものですが、2つを組み合わせることでさらによい効果を期待することができます。もちろん、これは正しい摂取量を守り、そしてきちんとトレーニングを行った場合ということですが、無理をしたり、多くサプリメントを摂取したからといってすぐにその効果を期待することはできないです。持続をして飲み続けて、トレーニングを続けることでその効果を発揮することができるようになります。

 

サプリメントの最適なタイミングと摂取量とは

また、サプリメントには最適なタイミングと摂取量というものがあります。このタイミングというものもとてもサプリメントには大切なものなのです。

 

HMBの一般的な推奨摂取量というと、1日3グラムなのですが、1日の間に1グラムずつ分けて摂取するようにしておくといいということです。つまり、3回にわけて摂取するといい、ということなのです。
トレーニングを行う日の場合、ワークアウトをした直後に摂取されることをおすすめしているといいます。

 

残り2回は食事と一緒に摂るようにします。トレーニングを行わない日に摂取するときは、朝、昼、夕食のときに1グラムずつ摂取するようにしておきます。

また、HMBの効果を実感するのは、摂取しはじめてから大体1、2週間ほど経ってからだといいます。

 

しっかりとその効果を実感するためには、新しいワークアウトプログラムをはじめる2週間前から摂取する方法がおすすめだということです。
どんなトレーニングも正しい方法で行わなければつけたい筋肉をつけたい場所につけることができないといいます。それと同じで、サプリメントも正しい摂取量、正しいタイミングで飲むことでその効果を実感することができます。

 

しっかりとその効果を実感できるまできちんと飲み続けることが大切です。すぐに効果を実感したいから、といって定められた摂取量よりもたくさん飲んだり、タイミングをまったく違う飲み方をするとその効果が半減してしまうこともあります。なので、必ず摂取量とタイミングは決められた方法で続けるようにしておきます。

 

筋トレといえばプロテインを思い浮かべる人がいますが、プロのアスリートや本格的にボディメイクをしている人というものは、プロテインしか取っていない、という人は少ないといいます。プロテインの他にも、クレアチンやHMB、BCAA、グルタミンといったさまざまなサプリメントなどを定期的に摂っていることが多いです。ただし、こちらも摂る量やタイミングなどをきちんと考えて摂ることが大切です。

 

 

どんなサプリメントも正しい摂り方を守るようにしなければいけないです。
いろいろなサプリメントを飲んでいる人がトレーニングをしている人にはいますが、どんなものでも持続して、トレーニングを怠らず、そして無理をしないということが大切です。
サプリメントで指定された摂取量以上のものを摂取したところで、その効果はほとんど変わらないといってもいいです。

 

摂取した量が多すぎると体外に排出されるか、どこか別のところに不調をきたしてしまう可能性もあります。なので、3グラム以上の摂取をするというのはあまり意味がないものだと思うといいです。
分割して摂取するのにも理由があります。

 

そのほうが体内に取り残される成分が多くなるからです。過剰摂取などにならないように工夫して飲むことが大切です。